聖許褚、凛とした冬の夜に千里を駆ける夢を見、目覚めた後にあの伝説の西の果てに住む白髪老人となった。以来赤い服を纏い、ハンマーを持っている。
虎痴許褚は虎のように強い怪力の持ち主、潼関の戦い裸になって、馬超と一騎打ちを繰り広げ、威名が四方にとどろく。